ネットバザールは分析産業人ネットが発行するドキュメントや物品を販売するサイトです。

配送方法・送料について お支払いについて カートを見る

ネットバザール - 機器分析に関するインターネット市場

ブックストア - 分析法の基礎・応用・解説・ガイド

いにしえの美しい色──X線でその謎に迫る──

販売価格 3,600円(税込3,960円)
購入数
ショッピングカートに入れる
自身が開発した「ポータブル型複合X線分析装置」。
著者はこれを使って、ツタンカーメンのマスク・玉座をはじめ「いにしえの美しい色」の解明を試みた。
どんなとき、どんな色が、どう使われ、どう作られていたのか。どんな条件が整えば、長い年月色は褪せずに残るのか…。
著者自身が撮影した美しい写真が、さらに興味をよびおこす楽しい一冊。

<目次>
はじめに

第1篇 古代エジプトの美
1 ツタンカーメン黄金のマスクと黄金の玉座
1-1 黄金のマスクのあらまし
1-1-1 金細工匠の技,金の上からまた金で薄化粧
1-1-2 ちりばめられた“宝の石”
目/アイライン/コブラと胸飾り下部の赤/胸飾り下部の青っぽい緑
1-1-3 “宝飾青ガラス”ツタンカーメン・ブルー
頭巾の濃い青と付け髭の灰色っぽい青/コブラ下部の空色
1-2 黄金の玉座
1-2-1 玉座のあらまし
1-2-2 玉座の美しさを演出している材料
金/薄茶色の象眼/薄青色の象眼/濃い青色とやや濃い青色の2箇所の象眼
《囲み記事》ミイラ/金合金の品質表示法/エジプト産“宝の石”/ヒエログリフ(hieroglypy)/世界初の人工顔料“エジプシアン・ブルー”/無意識にできてしまった人工の色材料/ナトロン

2 アマルナ時代の青
2-1 青のあらまし
2-2 人工の色アマルナ・ブルーとエジプシアン・ブルー
青(水)彩色文土器/床面に描かれていた水草/アテン(太陽神)の描かれていた祠/アマルナ時代の色の使い分け
《囲み記事》トルコ石/アマルナ・ブルー(Amarna Ble)/石膏

3 古代エジプト墓の壁画
3-1 古代壁画のあらまし
3-2 4400年前の貴族イーメリーの墓
下地(黄色っぽい白)/赤(壷)/褐色(男の足)/青緑色(壷)/オレンジ色(溝の中)
3-3 3350年前の王アメンヘテプ3世の墓
下地(下塗り)/白/美しい黄色/その他の色/黄色の小さな点
《囲み記事》人工の酸化鉄/王家の谷/貴重品の序列

4 古代エジプトのミイラマスクと木棺
4-1 墓と棺のあらまし
4-2 4000年前の神官セベクハトの二重木棺
外棺に塗られていた顔料/修復剤,退色防止・防水・防腐剤/下塗り露出部/黄色部分/白色と黒色部分/目部分/青色と褐色部分/緑色部分/薄い褐色部分/人型棺に塗られていた顔料/白色,青色,緑色,褐色/“顔の灰色”と頭巾の飾り
4-3 3800年前の軍司令官セヌーのミイラマスクと木棺
直方体型木棺に塗られていた顔料/内壁/薄い黄色(下地)/青色と白目の色/ミイラマスクに塗られていた顔料/マスク下地/青と薄青顔料/赤色顔料/緑色顔料/付け髭の灰色っぽい青顔料
《囲み記事》漆喰/独り言

5 エジプトのブロンズ
5-1 ブロンズのあらまし
5-2 3000年以上前のエジプト工芸品,金塗りブロンズ
地金(アメン神腰上の穴)/金色(2枚の羽)部分/アメン神お尻部分の濃い青色とサビとアマト女神の薄い青色サビ/付着物
《囲み記事》古代エジプトの神々

第2篇 美しい色の“やきもの”
《囲み記事》地表の成分

1 釉掛け“やきもの”のあらまし
《囲み記事》磁器

2 唐三彩──多色釉の始まり
女性人物傭2体/三足香炉/鳳凰首壷/水注機真綯蹲供身
《囲み記事》カオリナイト

3 景徳鎮──日本磁器のお手本
唐人物図梅瓶/景徳鎮五彩金襴手水注
《囲み記事》ニカワ/色絵磁器

4 柿右衛門と有田・伊万里焼──日本の美がヨーロッパのお手本に
染付吹墨月兎図皿/柿右衛門様式色絵花鳥文平皿/柿右衛門様式色絵碁盤童子像/柿右衛門様式色絵花鳥文壷/柿右衛門様式色絵葡萄栗鼠文瓢形水注

5 古九谷──日本人がこよなく愛した名品
古九谷青手花鳥図平鉢/古九谷色絵蝶牡丹文皿/古九谷様式初期赤絵壷/古九谷様式伊万里色絵波に兎図/古九谷様式伊万里色絵大形香合

6 姫谷,吉田屋,仁清──中国色絵技術の拡散
姫谷飛雲楼閣山水図皿/色絵山水図皿/吉田屋色絵瓜文角皿/吉田屋椿文中皿/色絵鶴の玉子香合

第3篇 仏教美術品の美
1 伽耶古墳の出土品──日本仏教美術品のルーツ?
1-1 伽耶文化のあらまし
伽耶古墳の位置
《囲み記事》銀の古代精錬法
1-2 伽耶古墳の出土品──日本の出土品とも比較してみたいのに
サビの厚い金具/金製イヤリング/太刀の環頭/坐木先金具 薄い金色部/帯金具金色部/馬具の飾り杏葉と弓の柄/3種のビーズ

2 白鳳時代の金銅仏
2-1 金銅仏のあらましとX線分析のねらい
2-2 7世紀の鶴林寺聖観音像──ススの下には輝く金
金色っぽい背中/左頬中央部分/右手首腕釧近辺/右下腹部/凹部の多い元結と“ほぞ”の分析
2-3 7世紀の深大寺釈迦如来像──何度も丁寧に修理
青銅地金/おでこ/左ほほ上部/背中下部(つるつる部)/右腰下火ぶくれ様ピンク部/背中/右裳懸け/後頭部/唇
深大寺梵鐘(重要文化財)
《囲み記事》鍍金/金水銀合金/ポンペイ遺跡/仏像表面の状態

3 室町時代の工芸品
3-1 室町工芸品のあらまし
3-2 鶴林寺蔵室町厨子──文化財の掃除のあり方
扉中央金具/扉左下金具/扉右赤色/扉中央黒漆
《囲み記事》アマルガム被覆後の加熱

4 木彫
4-1 木彫のあらまし
4-2 平安木彫円教寺多聞天──青仏から赤仏に変身
4-3 室町木彫円教寺金剛薩た坐像──きれい好きな日本人の面目躍如
金色部/唇の赤/緑色部/蓮弁の赤/蓮弁の青/緑と青の顔料は輸入品???
《囲み記事》寄木造り/ラピスラズリ

おわりに

付録 もっと詳しく知りたい読者のために
Ap-1 ポータブル型複合X線分析装置の概要
Ap-2 付録CDの使い

<登録情報>
著者:宇田応之
発行:株式会社アグネ技術センター
発行日:2011年4月20日
A5判・並製/264ページ
CD-ROM付
ISBN:9784901496575
ページの上部へ
  1. トップページ
  2. ブックストア
  3. いにしえの美しい色──X線でその謎に迫る──
お問い合わせ 03-5294-3115 / インターネットでのお問い合わせ